バーチャル空間での結婚パーティ。oviceにオンライン・オフライン参加者が集合! 1.5次会や2次会、企画・運営のコツ

2022-10-04
利用組織名

石丸夫婦

取材対象者
新郎なおきさん・新婦みのりさん
利用人数
約40名
企業・イベント概要

2022年7月の挙式に合わせ、遠方の方でも気兼ねなく参加できるようoviceを使った「バーチャル結婚パーティ」を開催。

活用のポイント
  • パーティー利用のできるバーを貸し切って、PCとWebカメラ、プロジェクターを設置。スクリーンにoviceのバーチャルスペースを投影
  • ovice宴会を利用し、オンライン・オフラインとも同じ食事をいただく
  • 事前にレンタルWi-Fiを手配し、必要な参加者に郵送。また、LINEでoviceの入り方や使い方を共有、当日の案内役をovice上に立ててサポート。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、結婚式や披露宴などの各種催しをどのように開催するか迷っている方も多いでしょう。今回お話を伺った石丸夫婦は、そんなご時世の中で結婚パーティを、バーチャル空間を利用してリアル会場・オンラインをつなぐハイブリッド形式で開催しました。リアル参加組・オンライン参加組の両方が楽しめるコンテンツや準備、運営の際の工夫について話を聞いてきました。

“ハイブリッド結婚パーティ”oviceにオンライン・オフライン参加者が集合!

ー今回、どういった経緯でovice上で結婚式の2次会を開催される運びになったのですか?

なおきさん:
2021年の12月ごろから、自分達の結婚式の準備を始めていました。結婚式とは別に、親族以外の同世代の友人たちを集めて結婚パーティーを開催したいと思っていました。

こういうご時世なので、大勢を呼んだ開催は難しいとも思っていましたが、一生に一回の機会なので、何とか開催したいと考え、思いついたのが普段勤務先で利用しているoviceの存在です。

ーなかなか斬新な発想だと思います。どのくらいの人数規模で開催したのですか?

なおきさん:
リアルの参加者とオンラインの参加者と、それぞれ20名ずつくらい、合計40名程度となります。

パーティー利用のできるバーを貸し切って、PCとWebカメラ、プロジェクターを設置。スクリーンに常にoviceのバーチャルスペースを映し出す形で、2時間半くらいの会を開催しました。

▲oviceとつないだ、結婚パーティの会場
▲バーチャル会場の様子

3つのゲームを企画。リアル会場参加者はスマホで入室、案内役をoviceに配置する工夫も

ーリアルとバーチャルを組み合わせたのですね。パーティではどのような催しを準備しましたか?

みのりさん:
主なコンテンツは、「私たちにまつわるクイズ大会」と「格付けゲーム」、そして景品付きの「勝ち残りじゃんけん大会」の3つです。参加形式に関係なく、全員に参加いただくコンテンツにしました。

また、ovice宴会のコースを利用させてもらって、リアル会場含め全員に料理を配布し、堪能しました。

▲早食いの競争も。
▲ovice宴会を利用し、オンライン会場とオフライン会場で同じメニューをいただく形に。

ーリアルとオンラインの出席者にゲームに参加してもらったということですが、全員を巻き込むのは大変ではありませんでしたか。

みのりさん:
リアル参加組には、自分のスマホでoviceに入ってもらい、スクリーンを見ながら画面上でゲームを行いました。チーム戦にして、リアル参加組とオンライン参加組をまたいだコミュニケーションが起こるよう意識しました。

最初のクイズ大会と格付けゲームはスムーズにいったのですが、じゃんけん大会はオンライン組の巻き込みが難しかったですね。なぜかというと、アバターを動かして、画面にじゃんけんの手を出してと、オンライン組にとっては操作に負担が生じてしまうものだったからです。

ー料理の感想はいかがでしたか?

なおきさん:
料理はとても好評でした!格付けチェックでも「美味しい」という声があがり、全体的に満足しています。

ーほとんどの方が初めてのovice利用だったと思うのですが、操作上の不安を取り除くための工夫などは何かされましたか?

みのりさん:
準備は、「より参加しやすくなるには」から逆算して考えました。

ゲストにWiFiのない方が数人いましたので、事前にレンタルWi-Fiを手配し、当日使用できるように郵送しました。また、LINEでoviceの入り方や使い方を共有し、当日の案内役もovice上に立てました。

当日は利用したWi-Fi回線の不調が多少みられた他には、問題は起こらなかったように思います。

「バーチャル空間での結婚パーティ」は今の時代、選択肢の一つ

ーお祝いの席を皆さまに操作のストレスなく過ごせていただけたようで、何よりです。結婚パーティを終えての感想を教えてください。

なおきさん:
なんといっても新鮮な体験でした。僕たちはもちろん、参加者にとっても目新しさがあったのではないかと思います。

特にゲームが印象に残りました。こういった結婚式のゲームは対面でやることが前提のものがほとんどだと思っていますが、oviceを使うことで対面とオンラインでバラバラにならずに一緒に参加できたので、バーチャル空間ならではの体験となったのではないかと思います。

みのりさん:
おおむね満足していますが、ゲームについては実は心残りがあって…、次にもしoviceで何かしらのパーティーを運営する機会があったら、オンライン組の参加しやすさをもっと担保したいです。

ー今後結婚される方々に、ovice利用はおすすめできますか?

なおきさん:
オンライン開催は遠方の友人に参加してもらうための有効な手立てですし、おすすめです。それに今は、コロナが流行っていて、開催したいけどできないと我慢してる人は多いと思います。対面で開催した場合には来れなかっただろうという人たちからお祝いしてもらえたのは、バーチャル空間で開催したおかげです。とはいえ慣れない形態なので、準備と運営は大変だということも伝えたいですね。

みのりさん:
新時代の結婚パーティ式2次会の形としておすすめしたいです!そして、もし私たちと同様のことをやろうとするカップルがいたら、運営メンバーに入って助言したいです(笑)。ゲームは、全参加者がフラットに楽しめる方法は必ずあるはずなので、もっと完成度を高めてぜひ開催してほしいです。

こちらの事例も、あわせて読まれています。

もっと見る

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます

試してみる

oViceの資料はこちら

初めての方でもよくわかる
oVice資料3点セット

資料ダウンロード

バーチャル空間 ovice (オヴィス) は、
チーム単位から気軽に始めることができます

icon-trial

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます
試してみる

ovice 料金プラン

全プランで機能制限なし・初期費用不要・
充実の導入サポートも無料です。
料金を見る
icon-briefing

導入前のご相談

ご導入前の不安や疑問に、
oviceスタッフがお応えいたします。
相談する