「Microsoft Teams」のステータスと連携

2022-07-11

バーチャル空間「ovice(オヴィス)」と、「Microsoft Teams」のステータス連携を、本日2022年7月11日(月)より開始しました。「Microsoft Teams」のステータス(プレゼンス)が変更されると、oviceのアバター上に表示される絵文字も連動して変更されるため、各ユーザーの状態の可視化が可能になりました。

◆ステータス連携の背景と機能

※本内容は2022年7月時点の情報です。2023年08月08日のアップデートによりMicrosoft Teamsのステータスの表示は図表の内容となり、表示される絵文字は6種類となっています。

oviceは、2020年8月のサービスリリースから現在までに2000社以上に利用いただいています。その間、ユーザーの方々からさまざまなツールとの連携のご要望をいただいてきました。特にoviceをバーチャルオフィスとして活用している企業から「カレンダーツールとの連携により社員の状態を可視化し、より声かけをしやすい環境を作りたい」というご意見を多数いただいてきたことから、本連携機能を開発しました。

ovice上でMicrosoft Teamsの連携設定を行うことで、Microsoft Teamsのステータス(プレゼンス)情報をoviceのアバター上に絵文字で表示させることができるため、バーチャルオフィス内にいる相手の状況がよりわかりやすくなります。

表示される絵文字は4種類で、いずれも会話ができない状態であることを表します。

Microsoft Teams上でユーザーが変更可能な各ステータス(取り込み中/応答不可/退席中/一次退席中)の場合はMicrosoft Teams同様のアイコンがovice上のアバターの絵文字でも表示されます。Microsoft Teamsのカレンダー機能や通話機能から「会議中」「通話中」と表示される状態の場合、ovice上のアバターには赤丸内にカレンダーが描かれた絵文字が表示されます。

▲右側がoviceのアバター上に表示される絵文字。「Microsoft Teams」のステータス情報とリンクしている。

◆Microsoft Teams連携の方法

oviceにログイン後、ご自身のアバターをクリックすると表示される「個人設定」内の「Microsoft Teams」の「連携する」ボタンを押下。表示される別ウィンドウでマイクロソフトのログイン画面にて連携させたいアカウントでログインいただくと連携が開始されます。

詳しい操作方法等は、以下のURLをご確認ください。
Microsoft Teamsステータス連携

▲アバターをクリックすると立ち上がるoViceの設定画面。「MICROSOFT TEAMSへの接続」を押すと、マイクロソフトへのログイン画面が立ち上がる。

oViceは、今後もさまざまな外部サービスとの連携を行うことにより快適で便利にご利用いただけるバーチャル空間の環境整備を進めるとともに、エコシステムの構築に力を入れていきます。

アップデート情報

詳細な情報はアップデート情報をご確認ください。

こちらの記事も、あわせて読まれています。

もっと見る

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます

試してみる

oViceの資料はこちら

初めての方でもよくわかる
oVice資料3点セット

資料ダウンロード

バーチャル空間 ovice (オヴィス) は、
チーム単位から気軽に始めることができます

icon-trial

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます
試してみる

ovice 料金プラン

全プランで機能制限なし・初期費用不要・
充実の導入サポートも無料です。
料金を見る
icon-briefing

導入前のご相談

ご導入前の不安や疑問に、
oviceスタッフがお応えいたします。
相談する