2024年4月後半のoviceアップデート情報

2024-05-10

登壇者が安心して発表に集中できる新機能などが登場

バーチャルオフィスツール「ovice(オヴィス)」の機能に関する、2024年4月のアップデート情報です。今回は、計3項目をご紹介します。

■前回の情報はこちら:2024年4月のovice アップデート情報

登壇者のみがつながれる「マイクオブジェクト」

oviceでセミナーを開催した際、「登壇者以外が誤ってマイクにつながり、声が全体に聞こえてしまった…」という経験がある方もいるのではないでしょうか。

この度、登壇者のみがつながることができ、安心して発表に集中できる「マイクオブジェクト」が登場しました!

マイクオブジェクトを使用すると、イベントの参加者がマイクオブジェクトにつながることや範囲内に入ってマイクをオンにすることを制限できるため、参加者の声が誤って会場全体に届いてしまうのを防ぐことができます。

▲登壇者のみがつながれる「マイクオブジェクト」

▽詳細は以下の記事をご覧ください。

ovice ヘルプセンター|マイクオブジェクトをリリースしました

より詳細に予定を確認できる「Microsoft Teamsカレンダー&ステータス連携」機能

oviceでは、これまでMicrosoft Teamsステータス連携機能を使用することで、アバター右上に絵文字で「連絡可能」の緑色のチェックマークや、「取り込み中」を示す赤い丸のマークを表示することができました。

しかし、「より密に連携できるよう、予定の詳細を確認できるようにしてほしい」との声を受け、この度「Teamsカレンダー&ステータス連携」機能をリリースしました。

これにより、「取り込み中」の場合でも、何の予定が入っているのかの詳細が確認できるため、相手の状態をより詳しく知ることができます。そのため、相手の予定を確認し、状況に応じて声かけしやすくなりました。

▲より詳細な予定が確認可能に

▽詳細は以下の記事をご覧ください。

ovice ヘルプセンター|Microsoft Teamsカレンダー&ステータス連携機能をリリースしました

チャット画面のUI改善

「全体向けのチャットと、自分あてのメンションチャットが混ざってしまい、メンションチャットを見落としてしまった…」「会議後にメンションチャットに返信したら、相手が既にオフラインだった…」。チャットに関して、そんな悩みを抱えていた方も多いのではないでしょうか。

この度、チャット画面のUIがより見やすく改善されました。全体むけのパブリックチャットと、自分宛てのメンションチャットが分けて表示されるようになったため、より見やすく、見落としも防ぎやすくなりました。

また、メンション相手のステータスが表示されるため、「オフラインの相手に誤って返信してしまった」という事を防ぎやすくなりました。

▲チャットの種類によって分類されるように
▲メンション相手のステータスも確認可能に

▽詳細は以下の記事をご覧ください。

ovice ヘルプセンター|チャット機能等のアップデートをリリースしました

こちらの記事も、あわせて読まれています。

もっと見る

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます

試してみる

oViceの資料はこちら

初めての方でもよくわかる
oVice資料3点セット

資料ダウンロード

バーチャルオフィスツール ovice (オヴィス) は、
チーム単位から気軽に始めることができます

icon-trial

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます
試してみる

ovice 料金プラン

全プランで機能制限なし・初期費用不要・
充実の導入サポートも無料です。
料金を見る
icon-briefing

導入前のご相談

ご導入前の不安や疑問に、
oviceスタッフがお応えいたします。
相談する