2024年1月後半のovice アップデート情報

2024-02-09

oviceに情報を集約できる新機能などを公開

バーチャルオフィスツール「ovice(オヴィス)」の機能に関する、2024年1月後半のアップデート情報です。今回は、計2項目をご紹介します。

■前回の情報はこちら:2024年1月前半のovice アップデート情報

パブリックAPI

「タブを開きすぎて、どこで何の通知が飛んできたか分からない…」「肝心なツールを開き忘れてやりとりを見落としていた…」。リモートワークの普及とともに導入されたさまざまなオンラインツールの管理に、手こずった経験がある方も多いと思います。

また、oViceが2023年10月に行った調査でも、大企業の約9割が複数のオンラインツールを利用しつつも、使いこなせている従業員は30%程度であることが分かっています。

調査URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000192.000058507.html

「さまざまツールからの通知をoviceに集約して見落としを減らしたい!」という声にお応えし、今回パブリックAPIを公開しました。外部Webサービスからの通知を受け取るためのパブリックAPIを活用し、自社に適したカスタマイズを行うことで、oviceを他のツールと連携させることができます!

パブリックAPIの活用で、メールやチャットツールのメッセージが届いた際の通知や、Webツールを通じた稟議申請の通知など、さまざまなツールの通知をovice上に集約できます*。*通知の受け取りには、API機能を利用したシステムの開発が必要です。

▲パブリックAPIを活用してSlackなどの通知をoviceで受け取るイメージ

今後はoviceのステータスを変更するためのAPIや、アバター上に表示する絵文字変更のためのAPIなど、さまざまな「パブリックAPI」を公開していきます!

▽詳細は以下の記事をご覧ください。

ovice ヘルプセンター|パブリックAPI

メニューバーとツールバーのUI改善

ミーティングオブジェクトにつながる方法や退出する方法について、初めてoviceを操作する方に説明するのに苦労した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

oviceはこれまでにもUIのアップデートを行ってきましたが、今回あらためてメニューバーとツールバーのUI改善を行いました!スペースURLのコピーがこれまでより簡単にできるようになったり、ミーティングオブジェクトへのショートカットができたりと、今まで以上に使いやすくなっています。

このUI改善で、初めての方も直感的に操作しやすくなったことに加え、説明の際にも簡単に場所を示せるようになりました!

▲スペースURLのコピーも、クリップマークを押すことで簡単にできるように
▲ミーティングオブジェクトのショートカット(ツールバーの右から2番目)も登場
▲ミーティングオブジェクトからの切断は「退出」ボタンで可能に

▽詳細は以下の記事をご覧ください。

ovice ヘルプセンター|メニューバー及びツールバーのUI改善をリリースしました

こちらの記事も、あわせて読まれています。

もっと見る

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます

試してみる

oViceの資料はこちら

初めての方でもよくわかる
oVice資料3点セット

資料ダウンロード

バーチャルオフィスツール ovice (オヴィス) は、
チーム単位から気軽に始めることができます

icon-trial

無料トライアル

14日間の無料トライアルで
実際の機能をお試しいただけます
試してみる

ovice 料金プラン

全プランで機能制限なし・初期費用不要・
充実の導入サポートも無料です。
料金を見る
icon-briefing

導入前のご相談

ご導入前の不安や疑問に、
oviceスタッフがお応えいたします。
相談する