プレスリリース

緊急事態宣言中のイベントは「中止にした」が最多。理由は「直接会わないと意味がないと思った」。

直接会っているかのような感覚を味わえるバーチャル空間を緊急事態宣言終了まで無償提供。誰でも利用可能なオンライン新年会会場も無料開放。コロナ禍のオンラインイベントや飲み会でご活用ください。

2021-01-18

oVice株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ジョン・セーヒョン)が緊急事態宣言下でのイベント開催について行った調査によると「中止にした」が最多、理由は「直接会わないと意味がないと思った」であることが分かりました。これを受け、オンラインイベントや飲み会に最適な自由に動いて話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を緊急事態宣言終了まで無償提供、誰でも自由に利用できるオンライン新年会会場を無料で開放することを決めました。

詳しくは以下URLよりご覧いただけます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000058507.html